野球のスピード

スピード

日本とアメリカの野球の何が違うのかというと、とにかくスピードが段違いだといえます。元々の体型からして大きく異なりますから、日本がアメリカについていくのは非常に厳しいものがあります。

わかりやすいところとしては球速が挙げられ、日本では150キロも出れば速球派として扱われますが、アメリカにはそれぐらい出る投手がゴロゴロ存在していて、100マイルつまり160キロの球速が出る投手も珍しくありません。

次に野手の方にしても同様に地肩が強いことから、腕の力だけでも目の覚めるような送球をする選手が多くいます。

足の速さというのも日本の野球と比較すると、俊足揃いであり外人選手は鈍重というイメージがある人も多いものですが、それは一部の走る必要のない強打者の話であり俊足の選手に関してはやはり日本の平均とは比べ物にならないほどの脚力を持っています。そして、もうひとつ付け加えると試合展開のスピードも違い、アメリカの野球はテンポよくスピーディーに展開していく特徴もあります。

日本のスモールベースボール

スモールベースボール

日本のプロ野球はアメリカの野球と比較して、スモールベースボールであるとよくいわれます。スモールベースボールとは簡単にいうと、バントや進塁打を打つことで打者はアウトになっても確実に走者を先の塁に進め、一点ずつ取っていく戦術ということになるでしょう。

たとえば、特徴的なプレーとしては、ワンアウトで走者が二塁にいるとき、バッターが普通に打つのではなく、バントをするというものが挙げられます。バントが成功して走者が三塁に進んだとしてツーアウトになってしまうので、アメリカではこういった戦術はまず採用しません。ツーアウトのあと、ヒットが出て点を取る確率より、ランナー二塁で、後続二人の打者、どちらかがヒットを打つ確率の方が高いという考え方をするからです。

しかし、スモールベースボールの場合、ランナーを三塁に進めると、バッターがヒットを打つ以外に、パスボールやボークといったプレイでも点を取ることができるので、得点できる可能性が高いと考えるのです。